任意売却

任意売却についての基本情報です

「住宅ローンの支払いが難しくなってきている」
「返済が滞っている」
「金融機関から『期限の利益損失』や『代位弁済』の通知が来た」
「税金などの差し押さえが入ってしまった」

そのままでは大切な財産である不動産が競売にかけられてしまいます。

任意売却とは?

住宅ローンや不動産を担保にした借入金の滞納をしてしまった場合、やがては借入先の債権者がその担保不動産を競売にかける申し立てを行います。任意売却とは競売での売却となる前に、債務者と債権者の合意のもとに一般市場で不動産を売却していくことです。仲介者が入って売却を進めることで、競売よりも高い価格で売買を成立させることが期待できます。

任意売却が可能な期間

ローン滞納直前 さまざまな資金繰りをしても住宅ローンの返済が難しくなってきた時期です。
ローン滞納3ヶ月まで 住宅ローンが払えず、滞納してしまい、金融関連会社から督促状や一括弁済通知が届く時期です。このままでは競売の手続きに入ってしまいます。
ローン滞納4ヶ月まで 競売の開催通知が届くころです。ここから4~5ヶ月ほどで競売となってしまいます。
ローン滞納5ヶ月以上 裁判所から執行官が調査に来る時期です。家の写真を撮影したり、不動産関係者が何人も来たりします。

ここを過ぎると競売が開始され強制立ち退きとなります。任意売却はできなくなりますので、それまでにできるだけ早くご相談ください。

任意売却のメリット

任意売却のメリットを競売にかけられてしまった場合と比較してお話しします。

競売にかけられてしまった場合 任意売却をする場合
市場価格よりかなり低い価格での売却となることがほとんどです。そのため多くの残債を抱えてしまうことになります。 市場価格に近い価格での売却が可能なので、競売よりも残債を減らすことができます。
残債が多いので返済方法に困ってしまいます。 残債が少ないので、返済方法が交渉できるようになり、生活に負担のない返済が可能となります。
新聞や広告に競売物件の情報が流れるので、他人に自分の情報が知られてしまうことがあります。 秘密厳守で売却を進めることができます。
落札者が決定した場合は、相手の都合で立ち退きを余儀なくされることがあります。 交渉が可能なので、無理な立ち退きを強いられることはありません。
立ち退きの際の立ち退き料が支払われず、負担が増えます。 売却の際に、交渉により引越し費用などを残すことができるので、次の生活への準備金を手元に残すことも可能となります。
財産を失ってしまい、今後の生活に対する不安だけが残ります。 新生活を始める費用を捻出(ねんしゅつ)することが可能なので、前向きな気持ちでの売却となり「人生の再スタート」を切ることができます。

任意売却の流れ

STEP01 ご相談

まずはお電話かお問い合わせメールでご相談ください。じっくりお話を伺います。

STEP02 詳細のお打ち合わせ

お客様の残債務や任意売却、そして競売などの進捗状況についてご説明します。

STEP03 債務・返済状況の把握

お客様の借入について、詳しく調査し、現状を把握します。

STEP04 専任媒介契約の締結

専任媒介契約(売却活動依頼をお受けする契約)を結びます。

STEP05 現地および市場調査

現地にて物件の状態の確認や市場価格などについての調査をします。

STEP06 債務者との交渉

債権者(金融機関など)と販売価格などについて交渉します。

STEP07 抵当権解除などの手続き

債権者との合意や競売・抵当権の解除などの手続きをします。

STEP08 不動産売買契約の締結

買い主様との不動産売買契約を締結します。

STEP09 お引越し

決済日時を確定し、お引越しとなります。

STEP10 任意売却の完了

各債権者様の了解のもと、不動産競売の申し立てを取りさげて、任意売却の完了となります。

  • 相続でお悩みの方
  • 不動産を高く売りたい
  • 売却でお困りの士業者様
  • 空き家を管理・売りたい

対応エリアのご案内/小倉北区中心(北九州市全域対応)北九州市小倉北区、小倉南区、八幡西区、八幡東区、門司区、戸畑区

代表挨拶/代表に熱い想いをインタビューしました!

  • 不動産売却とは
  • 不動産相続について
  • 相続税と財産の関係
  • Q&A
  • プライバシーポリシー
  • 会社概要