空き家管理

空き家管理についての基本情報です

長期療養、海外赴任、転勤、相続……
と空き家となってしまった家のことでお困りではありませんか?
そんなときはいますぐに北九州市の三和地所にご連絡ください。 空き家管理だけでなく、空き家を売却したり、賃貸したりのご相談も承ります。

空き家管理の基本サービス

長期間、家を空けていると閉め切った家では、臭いがこもったり、湿気がこもったり、カビが発生したりします。また雑草で庭が荒れ放題になったり、ポストが広告や郵便物でいっぱいになったり、空き巣に狙われたりしがちです。

サービス内容
  • 通気換気(60分程度)/押入れや物入れを含む全室の扉を開放し、空気を入れ換えます
  • 雨漏りのチェック/各部屋の壁や天井付近を観察し、雨漏りによるしみなどの有無をチェックします
  • 清掃/建物内部の簡単な掃き掃除をします
  • メンテナンスの確認/塗装や外壁などの状況を確認し、ご報告します
  • 近隣情報の確認/近隣を巡回した際に得られた情報をご報告します
  • 通水/蛇口を1分ほど開放し、サビの付着を抑制し、臭気防止のための排水トラップへの注水を行います
  • 庭木の確認/庭の草木の剪定や消毒の要否の確認をします

空き家のまま維持することのメリット・デメリット

空き家をそのまま維持していれば、いざ持ち家に戻ることになったときに、すぐに戻れるという安心感があります。そして不動産という資産を保有し続けることも可能です。

デメリットとしては、窓などを閉め切ったままでは、建物が傷みやすいので、定期的な通気やメンテナンスが必要となることが挙げられます。土地家屋への不法侵入も心配ですし、維持費や固定資産税を払わなければなりません。また長期的に放置することで資産価値が下がっていきます。

メリット デメリット
  • ・いつでも住むことができるという安心感があります
  • ・資産(不動産)を保有し続けられます
  • ・定期的な管理が必要となります
  • ・防犯面が心配です
  • ・固定資産税や維持費がかかります

持ち家をどうするかについて、空き家のまま維持する以外方法には、「売却」と「賃貸」があります。

空き家を売却するにあたってのメリット・デメリット
メリット デメリット
  • ・維持費や固定資産税がかかりません
  • ・売却によりその代金が手に入ります
  • ・建物のメンテナンスや維持するための気苦労がありません
  • ・住宅ローンの返済が残っていると売却時に残債を一気に返済しなければなりません
  • ・売却の際には仲介手数料などまとまった費用がかかります
  • ・資産(不動産)を失います
空き家を賃貸することによるメリット・デメリット
メリット デメリット
  • ・家賃収入が得られます
  • ・将来、その家に戻って住むことも可能です
  • ・不動産という資産を持ち続けることができます
  • ・家賃滞納など入居者とのトラブルが発生することがあります
  • ・空室期間が生じると収入はありません
  • ・修繕費がかかることがあります
  • ・固定資産税を納めなければなりません
  • ・確定申告、物件の維持管理など賃貸経営に必要な手間がかかります

このように、それぞれの選択肢にはメリット・デメリットがあります。
「空き家のまま維持したい」「しばらくの間は空き家のままで」とお考えでしたら、
空き家管理サービスをおすすめします。
家の劣化を少しでも防ぎ、遅らせるお手伝いをいたしますので、三和地所にご相談ください。

  • 相続でお悩みの方
  • 不動産を高く売りたい
  • 売却でお困りの士業者様
  • 空き家を管理・売りたい

対応エリアのご案内/小倉北区中心(北九州市全域対応)北九州市小倉北区、小倉南区、八幡西区、八幡東区、門司区、戸畑区

代表挨拶/代表に熱い想いをインタビューしました!

  • 不動産売却とは
  • 不動産相続について
  • 相続税と財産の関係
  • Q&A
  • プライバシーポリシー
  • 会社概要