不動産売却とは?

不動産売却についての基本情報です

「不動産を売る」とはどういうことでしょうか?「いったい何から始めればいいのか?」「少しでも高く売る方法はあるのか?」「不動産売却の際にかかる費用は?」「税金とかはどのくらいかかるのか?」 などわからないことが多いことでしょう。また、さまざまな理由により不動産売却を現実的にお考えの場合、次のような不安や疑問・質問が湧いてくるかもしれません。

  • 「不動産売買の経験がないので、不動産屋さんにいいくるめられてしまうのではないかと心配・・・」
  • 「査定額で売却できることは、ほとんどないって本当?」
  • 「一番高い査定をしてくれた業者に売却を頼めばいいのかな?」
  • 「査定金額と実際の売却金額には大きな差があるの?」
  • 「不動産仲介の専門家一社に任せたほうがいいの?」
  • こちらのサイトでは、上記のような不動産売却に関する
    さまざまなことにお答えしています。

こんなお悩みはありませんか?

「住宅ローンの支払いに困って
いて、延滞や滞納している」

「裁判所から『競売開始決定』
の通知が届いた」

「金融機関から『期限の利益損失』
を通知された」

「裁判所の執行官が調査の
ために訪れた」

「金融機関からの『代位弁済』
通知を受け取った」

こんなときはなるべく早く手を打つことにより少しでも有利に不動産の売却を進めることができるはずです。すぐに当社にご相談ください。詳しくはこちらをご覧ください。

情報収集が大切です

不動産の売却は多くの人たちが行っています。いい暮らしをするために売却するのですが、高額な売買となりますので、そう簡単なことではありません。だれもが少しでも有利に売りたいとお考えでしょう。そのためにはまず、不動産売却についての正しい知識を得ることが大切です。そして少しでも多く情報収集することをおすすめします。

一生に一度の選択ではありません

不動産は高額な買い物です。そのため「不動産を買うという選択は一生に一度だ」という人がいます。しかし最近では買い替えを目的として不動産を売却する方も少なくないようですので、決して「一生に一度」とはいえないようです。

近年は土地の下落率が縮小傾向です。そのため首都圏の一部のエリアでは、中古物件が新築物件の価格を上回るという通常とは逆の現象が起こっています。そのほかにも知ってほしい事実としては、中古物件は消費税がかからないので、消費税増税の影響を受けません。そのため自分の所有する不動産の価値を把握することにより、これからの人生設計において、売却という選択肢も生まれるかもしれません。

不動産売却はネガティブなことではありません

不動産売却の理由はさまざまです。「住み替えるため」「相続税を支払うため」「生活費に充てるため」「借入金を返済するため」「買い主に切望されたため」などが挙げられるのではないでしょうか?

国土交通省の「土地保有移動調査結果」(平成22年取引分)によれば、東京圏での個人による不動産売却の理由の第1位は「生活費に充てる」で、第2位は「住宅建築購入資金」です。ほかにも経済状況の変化によって「住宅ローンの返済が難しくなったため」という理由も多いでしょう。そのため売却はポジティブなイメージがないかもしれませんが、住宅ローンを滞納したままでいるよりは、早めに売却してしまうのが賢明な手段といえます。不動産売却は決してネガティブなことではありません。人生を再スタートさせるための第一歩ともなるのです。

土地の売却

不動産売却の中でも土地の場合は大きなメリットがあることがあります。土地はその用途によって税率が異なります。住宅用地であれば、固定資産税は少なくて済みますが、活用されていない土地を所有している場合は、多くの税金を納めなければなりません。そのため、もしそのような土地を所有している場合は、売却はとても有益だといえます。

  • 任意売却/住宅ローンが払えず売買にかけられそうだけどどうすればいいか
  • 仲介売却/仲介をより高く売るためにはどうすればいいか
  • 空き家管理売却/住宅を売りたくないけど管理できない時はどうすればいいか
  • 士業者へのご案内/不動産売却の依頼が業務の負担になる場合代行してもらえないか

対応エリアのご案内/小倉北区中心(北九州市全域対応)北九州市小倉北区、小倉南区、八幡西区、八幡東区、門司区、戸畑区

代表挨拶/代表に熱い想いをインタビューしました!

  • 不動産売却とは
  • 不動産相続について
  • 相続税と財産の関係
  • Q&A
  • プライバシーポリシー
  • 会社概要